函館ベイエリアの赤レンガ倉庫群で食べて、歩いて、お土産探し。

 赤レンガ倉庫群

 『BAYはこだて』・『金森洋物館』・『函館ヒストリープラザ』・『金森ホール』の4つからなる『赤レンガ倉庫群』。それぞれ簡単にご紹介をします。

BAYはこだて

 オルゴールショップやカフェ、レストランなどがあり、明治15年頃に築造された運河と「幸せの鐘」と呼ばれる鐘もあります。夜にはライトアップされ、写真を撮りたくなってしまう場所です。

 

 【住所】       函館市豊川町11-5

【電話番号】    0138-27-5530(代表)

 【定休日】   定休日なし(施設メンテナンスの為、休業する日もあります)

【営業時間】    9:30〜19:00(季節により変動あります)

・  <ベイサイドレストラン みなとの森>    11:30〜21:30 (平日)・11:00〜21:30(土日祝)

金森洋物館

 アクセサリーショップやスイーツ、生活雑貨など、さまざまなショップがある『金森洋物館』。赤レンガ倉庫群の中で一番お店が多く、金森赤レンガ倉庫オリジナル商品も売られています。

 

 【住所】      函館市末広町13-9

【電話番号】   0138-23-0350(代表)

 【定休日】   定休日なし(施設メンテナンスの為、休業する日もあります)

【営業時間】   9:30〜19:00(季節により変動あります)

函館ヒストリープラザ

 100年以上前に建てられた赤レンガ倉庫で、ビヤホールや手焼せんべい店、ジェラートショップなどが入っております。ビアホールでは地ビール楽しむことができます。

 

 【住所】      函館市末広町14-12

【電話番号】   0138-23-0350(代表)

 【定休日】   定休日なし(施設メンテナンスの為、休業する日もあります)

【営業時間】   9:30〜19:00(季節により変動あります)

・  <函館ビヤホール>    11:30〜22:00 (平日)・11:00〜22:00(土日祝)     

金森ホール    

 多目的ホールで講演会や展示会、コンサートなどが行われる場所です。

 【住所】      函館市末広町14-12

【電話番号】   0138-23-0338

 アクセス(JR函館駅から赤レンガ倉庫まで)

  〇市電の場合   函館駅  →  十字街  →   赤レンガ倉庫

<片道料金・時間>    約5分(210円)   徒歩5分   

 

 〇歩きの場合       約15分

 

    〇バスの場合   函館駅 → 金森洋物館  か 函館ビヤホール前(元町・ベイエリア周遊号)

<片道料金・時間>     約10分(210円)   

   ちなみに・・・・・

函館ヒストリープラザ向かいの『函館西波止場』でもお土産を買うことができます。私はできるだけ同じ場所でまとめてお土産を買いたいので『函館西波止場』でお土産を買います。赤レンガ倉庫群を散策する際に『函館西波止場』にも寄ってみて下さいね!

オススメのお土産

 私がオススメしたいお土産があります。それは『ペイストリースナッフルス』の「キャッチケーキシリーズ」です。こだわりの原料を使用しており、フワッ、トロッな口当たりで何個でも食べられます。種類は「チーズオムレット」・「蒸し焼きショコラ」・「メイプルオムレット」の3種類があります。 JR函館駅構内や函館空港内にも売られておりますので、帰る前に買って帰る。ということもできます。

ペイストリースナッフルス 金森洋物館店と駅前店 の 住所 等

<ペイストリースナッフルス 金森洋物館店>     <ペイストリースナッフルス 駅前店>

 【住所】  函館市末広町13-9                    【住所】     函館市若松町18-2

【電話番号】 0138-27-1240                           【電話番号】 0138-22-4704

【営業時間】 9:30~19:00(季節により変動有り)    【営業時間】 10:00~19:00

 【定休日】    定休日なし                                    【定休日】   水曜日

最後に

 お土産を探している時に、『ペイストリースナッフルス』で試食をしていました。函館限定商品 の『キャラメルキャッチケーキ』を口に入れ、「これは美味しい!」と思い、お土産として買って帰りました。しかし、『キャラメルキャッチケーキ』は2014年に販売終了となり、もう買うことができないと思うと残念でなりません。それにしても、お土産選びは楽しいです☆

 

 

広告を非表示にする