さっぽろホワイトイルミネーション。もうすぐ終了。

今年も、昨年11月から始まった『さっぽろホワイトイルミネーション』がもうすぐ終了します。

さっぽろホワイトイルミネーション』とは?

日本で最初のイルミネーションとして1981年(昭和56年)に始まった、冬の札幌を彩るイベントです。

 

今回(36回目)の日程と場所は、

大通会場(1丁目~8丁目):2016年11月18日(金曜日)〜12月25日(日曜日)

駅前通会場(北4条~南4条):2016年11月18日(金曜日)〜2017年2月12日(日曜日)

南一条通会場(南1条西1丁目~3丁目):2016年11月18日(金曜日)〜2017年3月14日(火曜日)

です。

 

 『さっぽろホワイトイルミネーション』では点灯式やスタンプーラリーなどのイベントがあり、観光客だけではなく、地元市民を楽しませてくれています。

 私はイルミネーションを、外でじっくり足を止めて見ることはないのですが、大通りから札幌に向かう際に歩きながら見たり、食事をしながら見下ろしてみたりします。イルミネーションを毎回見る度、「キレイだな。」と思って見ています。

 また、同時期に大通り会場では『ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo』 が開催されました。

ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo』とは?

 札幌の姉妹都市であるドイツ・ミュンヘンを広く市民に知っていただくきっかけにしようと、ミュンヘンの年中行事の一つであるクリスマス市を札幌で開催したのが始まりです。ちなみに今回は、昨年11月5日(金曜日)から12月24日(土曜日)に開催されました。

 『ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo』では普段、札幌市内では買えないドイツの雑貨や食べ物が売られています。私は過去に「ホットワイン(グリューワイン)」を買って飲んだ記憶があります。夕方だったため、外の気温も低く、そんな中での温かい飲み物。体がポカポカになりました。

サッポロファクトリー ジャンボクリスマスツリー』もおすすめ!

 札幌市内ではのサッポロファクトリー アトリウム内で『サッポロファクトリー ジャンボクリスマスツリー』という、約15メートルもあるジャンボツリーが設置され、昨年11月3日から12月15日まで色とりどりのオーナメントとイルミネーションが輝いていました。1時間ごとに約5分間の音楽と光のショーも行われていました。小規模ですが、屋内で寒くなく、イルミネーションを楽しむにはよい場所かと思います。

 『さっぽろホワイトイルミネーション』が終わってしまうのはちょっと残念ですが、ホワイトイルミネーションが終わると、大通公園では春の準備が始まります。季節が冬から春へと変わっていく合図でもあるのかと思います。また次の『さっぽろホワイトイルミネーション』にも楽しみにしています☆

 

広告を非表示にする