『やなせワールド』と『ジャムおばさんのジャム工房 ふらのジャム園』。

ふらのジャム園

        

 『やなせたかしの店 アンパンマンショップ ふらの店』を川で挟んだ隣に『ジャムおばさんのジャム工房』の『ふらのジャム園』という建物があります。この『ふらのジャム園』では1階にはジャムなどを買うことができ、2階には『やなせワールド』という展示コーナーがあります。

ふらのジャム園の1階

        

        

 『ふらのジャム園』の1階にはズラズラと38種類のジャムや紅茶、ドレッシングなどが並んでおります。『ふらのジャム園』の富良野ジャムには3つのこだわりがあります。

 

 1つ目は、無加水ジャムにこだわっています。無加水とは水を一滴も加えていないということです。野菜や果物に含まれている水分だけで煮詰めています。

 

 2つ目は、北海道産の食材にこだわっていること。富良野ジャムは、砂糖を含め、材料のほとんどが北海道産です。昼と夜の温度差が大きい北海道で育った野菜や果物は糖度が高まり美味しいのです。

 

 3つ目は、無添加無着色にこだわっています。防腐剤や着色料、 香料、酸味料などの化学的添加物を加えずにジャムを作っています。

 

 富良野ジャムは余分なものは何も加えず、おいしさも栄養もそのまま煮詰められた分だけ濃縮されております。そのため味がしっかりとしています。

 

 『ふらのジャム園』では、こだわりある38種類の富良野ジャムをパンやビスケットにつけて試食をすることができます(ビスケットにジャムを乗せるとジャムが落ちそうでしたので、私はパンにジャムを付けて試食をしていました。)色々と食べ比べをして、お好きなをジャムをご自宅やお土産に。も良いかと思います。

ふらのジャム園の2階

        

        

 『ふらのジャム園』の2階には『やなせワールド』という場所があり、やなせさんが描いた日本全国のご当地キャラクターが展示されています。テレビで見たことがあるキャラクターを発見しました。また、『ジャムおばさんのジャム工房』のジャムおばさんファミリーも展示されております。

スイーツ工房とジャム作り体験

 『ふらのジャム園』内の『スイーツ工房』ではサクサクひんやりのクロワッサンカタラーナやシュークリームなどが販売されており、休憩しながらスイーツを楽しむことができます。

 

 また、ジャム園に併設された工房でジャム作り体験をすることができます。いちごやキウイフルーツを使ってジャム作りをし、自分でデザインしたラベルの、オリジナルジャムを持って帰ることができます。ジャム作り体験は前日までに予約が必要となっております。

ふらのジャム園のアクセス等

   【住所】   富良野市麓郷3

【営業時間】  9:00~17:30

【電話番号】    0167-29-2233

 【定休日】    年末年始(※12月-3月中に臨時休業する場合もあります)

【アクセス】  富良野市内より車で約20km程(車で約30分~40分)

麓郷展望コース

        

 麓郷展望台に行くまでの展望コースには『北の国から』の撮影場所として使用された所もあります。『北の国から』の撮影ポイントを見つつ、はまなすやラベンダー、コスモスなど季節のお花を楽しむことができます。

最後に

 私は『ふらのジャム園』で人気商品ベスト10に入る、パンプキンのジャムを買って帰りました。パンに塗って食べているのですが、パンプキンの香りと濃厚さでパンが更に美味しく感じます。私にとって、ちょっと贅沢な時間です。

 

 

広告を非表示にする